ネットワークカメラ比較

ネットワークカメラの比較と選び方のポイント

ネットワークカメラ、皆さんはご存じですか?今回はそんな話題のネットワークカメラについて紹介します。
いつでもどこでもスマホでモニタリングできる防犯カメラというイメージを持たれがちですが、
たとえば、未就学児や年配の安全、見守りとして活用したり、留守中の防犯対策など、
手頃な価格で購入する事ができ、防犯面でも家族の見守り用途でも使えるように活用法がかなり広く、
ネットワークカメラの各家庭への浸透が広がっており、様々なシーンで役立っています。
ネットワークカメラの設置方法はとても簡単です。電源に繋ぎ、ネットワークに接続することだけです。
録画した動画はクラウドやmicroSDに保存されるので録画用のケーブルや機材はいらず、
リアルタイムで録画されている映像がチェックできる、だからこそ監視カメラ以上に使い道は広がりました。
防犯対策に使用したい場合は、クラウド保存対応のネットワークカメラがおすすめです。
というのも、犯人が防犯カメラに気づいて、これを破壊しても、映像データがクラウドに残っていますので、犯罪の証拠を取りだすことができるのです。
また、マイクやスピーカー搭載の製品も数多く、外出先でもカメラを通して気軽に通話ができるようになっています。
お子さんを見守るだけでなく、ベビーシッターを監視するのにも役立つでしょう。
実家の両親が元気に過ごせているかの見守りにも、
いつでも離れていてもスマホ一つで守りたいものを見守ることができるというのが、ネットワークカメラの魅力です。
機種を選び方としては、「可動域(画角)」「胴体検知機能」「画素数」「フレームレート」という4つのポイントで比較するのがおすすめです。
高画質で繊細な動画を望む方は、画素数が多い機種を選択してください。
動いているものを詳細に見たい場合には、フレームレートが高いものが向いていて、
自転車・走っている人の顔・車のナンバープレートなど動くものを撮影する場合にはフレームレートの高い機種がオススメです。
カメラの向きに関しては、アプリから遠隔操作可能な製品も多くありますが、固定式タイプもあるので、間違えないように注意しましょう。
撮影したいエリアが広い場合には、広角カメラを選択するのも手ですが、首振り(パン・チルト)対応のカメラを選択するのもアリです。
動体検知機能があれば、人やペットなどの動くものが撮影範囲に入ると自動で録画してくれます。
動体検知自動録画機能は、主に、睡眠時の防犯カメラとして、また、ペットの監視カメラとして使えます。
動体検知機能に対応しているネットワークカメラには、
対象となる空間で物が動く様子を検知すると、スマホにアラートを送れるので、防犯や見守りなどの用途においては防犯カメラよりも優れています。
暗い室内や夜間の撮影が可能な暗視撮影ができるネットワークカメラも多く出ているので、
夜間の防犯カメラとして、また夜間のベビーベッド見守り用のカメラとして、さまざまに使うことができます。
ネットワークカメラ本体は3000円ぐらいでネット通販や量販店で販売されていて、ネット環境や無線LAN環境があれば、直ぐに使えて、
ストーカー対策、空き巣防止、自転車盗難・ペットの糞尿の後始末・ゴミ捨てマナー・自動車へのいたずらの監視などなど
いろいろな場面で有効に活用することが可能です。
ネットワークカメラは、大手電機メーカーであるパナソニックやアンテナのメーカーで有名なマスプロをはじめとして、PLANEX、TP-Link、Arloなど様々なメーカーが手掛けてて種類も豊富です。

ネットワークカメラ比較は以下のワードでも検索されてます

ネットワークカメラ 無線 高画質 ネットワークカメラ マイク内蔵 ネットワークカメラ 場所 ネットワークカメラ ビューアー ネットワークカメラ windows keian ネットワークカメラ 脆弱性 ネットワークカメラ クラウドファンディング ネットワークカメラ ダイレクト接続 ネットワークカメラ nvr ネットワークカメラ ペット 日本製 ネットワークカメラ ハブ ネットワークカメラ ハッキング 方法 ネットワークカメラ ポート開放 ネットワークカメラ タイムラグ ネットワークカメラ 低遅延 ネットワークカメラ フレームレート ネットワークカメラ ナイトモード ネットワークカメラ bb-st162a ネットワークカメラ プラグイン ネットワークカメラ ケーズデンキ